スポンサード リンク

にきびの跡を残さないためには?

にきびの発生で何が一番やっかいかというと、「にきびが残る可能性がある」ということです。にきびの跡で代表的なものといえば、色素沈着やクレーター。こうしたにきびの跡を残さないためにもっとも大切なことは、「にきびの初期段階で対処しておく」ということです。白にきびや黒にきびなど、まだにきびが炎症を起こしていない段階で対処することができれば、にきびの跡ができる可能性はとても低いんですよね。


逆に、にきびが炎症をおこして腫れる赤にきびや、赤にきびの悪化で膿まで出てしまう黄にきびの段階になると、すでに皮膚組織が崩れてきているので、たとえそこから対処をしたとしても、にきびの跡が残る可能性はきわめて高いものとなります。


ですからにきびの跡を残さないためには、まずは白にきびや黒にきびの段階で「にきびの存在に気づき、気づいたらすぐに対処する」ということができるようになるのが大切です。白にきびや黒にきびなら市販のにきび用の薬を塗る程度で治まることも多いです。また、あくまで自己責任ですが、消毒薬をにきびにつけて殺菌することで、にきびを治している人もいますよ。


タグ: にきび

にきび跡には日々のお手入れが大切です

大人になっても気になるにきび跡、きれいに治せたら嬉しいですよね。にきび跡は、その程度によってきれいに治せます。


クレーターになってしまっている場合は、皮膚科や美容外科等の治療が必要になることが多いですが、赤みやシミの状態の痕は自分で治すことができるようです。赤みやシミの原因は、アクネ菌が増殖する時に皮膚細胞が炎症を起こして赤くなり、更にそれが継続され色素沈着を起こすことでシミになります。


できる限り早い段階での治療が良いわけですが、まずは肌を清潔に保つことです。毎日の化粧はその日の内にきっちりクレンジング、洗顔時はこすらずに泡で包むように洗いましょう。にきび跡をこするのは絶対にやめてください。


ピーリング石鹸での洗顔もターンオーバーを活性化させるには有効です。皮膚細胞を活性化させるためビタミンCの摂取を心がけましょう。また、ハイドロキノンの配合された化粧品を使用すると美白効果があるのでシミに効果があります。しかし、紫外線に対する抵抗力が弱まってしまうので、使用中は紫外線対策を忘れないようにしてください。


残念ながら、にきび跡は自分で即治せるものではありません。すぐに治したい場合は、やはり皮膚科や美容外科に相談してくださいね。



タグ:にきび
楽天ウェブサービスセンター
SEO対策済みテンプレート