スポンサード リンク

にきびのあとは治らない?

にきびあとができてしまった人にとって、もっとも気になる点といえば「このにきびのあとは、もう一生治らないのか?」ということです。結論から言うと、色素沈着だけなら、薄いものなら治る可能性もあります。ですがクレーターとなったにきびのあとは、自然に完全に元通りになることは、まずありえません。


クレーター状のにきびあとを治すには、外科的な手術や注射、ケミカルピーリングなど、何らかの「特殊な手段」を使わないと難しいんですよね。
なぜならクレーターは、皮膚が真皮まで破壊されて出来上がるもの。表皮だけならともかく、真皮まで崩されてしまうと、その部分の肌繊維などが自然には元通りにならないのです。


「ああ、じゃあ私の額にできているこのクレーターは、手術でもしない限り一生治らないのか・・・」と絶望してしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。クレーターは自力では完全に元通りにはできませんが、正しい洗顔に正しいスキンケア、規則正しい生活など、その後のケアをきちんとしていれば、「パッと見では、ほとんどにきびあとが分からない状態」ぐらいにまでは戻せる可能性もじゅうぶんありますよ。


あの頃のきれいな肌がよみがえる!?

にきびを治したいと思っても、どうしても自分で治せないのが、クレーターになってしまったものですよね。浅い凸凹であれば化粧品やピーリング等で自分でもお手入れをして目立たなくすることもできますが、時間をかけて根気よく続けなければいけないですし、なかなか難しいものです。にきび痕をきちんと治すには、やはり皮膚科や美容外科での治療が一番効果的なようです。


一般的に行われているにきび痕の治療法は、レーザー治療、ケミカルピーリング、イオン導入です。にきび痕と周囲の皮膚の角質化してしまった部分を除去し、細胞の新陳代謝を活性化させ、新たな皮膚を生成させていく治療法になります。


最近では、フォトフェイシャル、FGF治療といった、従来のレーザー治療よりもにきび痕周囲への負担・影響が少なく、より効果的な治療法の施術もされるようになってきていますので、どんな方法で治していくのかの選択肢が増えてきました。


しかし、どの治療法も現在はまだ保険の適用範囲ではないものが多く、治療費の負担がかかるのが現状です。同じ治療でも施設によって値段が違いますので、治療を検討する際には、いくつかの施設を比較検討し、医師ときちんと相談した上で綺麗なお肌を手に入れましょう。




楽天ウェブサービスセンター
SEO対策済みテンプレート