スポンサード リンク

にきびのあとは治らない?

にきびあとができてしまった人にとって、もっとも気になる点といえば「このにきびのあとは、もう一生治らないのか?」ということです。結論から言うと、色素沈着だけなら、薄いものなら治る可能性もあります。ですがクレーターとなったにきびのあとは、自然に完全に元通りになることは、まずありえません。


クレーター状のにきびあとを治すには、外科的な手術や注射、ケミカルピーリングなど、何らかの「特殊な手段」を使わないと難しいんですよね。
なぜならクレーターは、皮膚が真皮まで破壊されて出来上がるもの。表皮だけならともかく、真皮まで崩されてしまうと、その部分の肌繊維などが自然には元通りにならないのです。


「ああ、じゃあ私の額にできているこのクレーターは、手術でもしない限り一生治らないのか・・・」と絶望してしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。クレーターは自力では完全に元通りにはできませんが、正しい洗顔に正しいスキンケア、規則正しい生活など、その後のケアをきちんとしていれば、「パッと見では、ほとんどにきびあとが分からない状態」ぐらいにまでは戻せる可能性もじゅうぶんありますよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51658512

この記事へのトラックバック
楽天ウェブサービスセンター
SEO対策済みテンプレート