スポンサード リンク

にきびの跡を残さないためには?

にきびの発生で何が一番やっかいかというと、「にきびが残る可能性がある」ということです。にきびの跡で代表的なものといえば、色素沈着やクレーター。こうしたにきびの跡を残さないためにもっとも大切なことは、「にきびの初期段階で対処しておく」ということです。白にきびや黒にきびなど、まだにきびが炎症を起こしていない段階で対処することができれば、にきびの跡ができる可能性はとても低いんですよね。


逆に、にきびが炎症をおこして腫れる赤にきびや、赤にきびの悪化で膿まで出てしまう黄にきびの段階になると、すでに皮膚組織が崩れてきているので、たとえそこから対処をしたとしても、にきびの跡が残る可能性はきわめて高いものとなります。


ですからにきびの跡を残さないためには、まずは白にきびや黒にきびの段階で「にきびの存在に気づき、気づいたらすぐに対処する」ということができるようになるのが大切です。白にきびや黒にきびなら市販のにきび用の薬を塗る程度で治まることも多いです。また、あくまで自己責任ですが、消毒薬をにきびにつけて殺菌することで、にきびを治している人もいますよ。


タグ: にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51055800

この記事へのトラックバック
楽天ウェブサービスセンター
SEO対策済みテンプレート